ポーラの本棚

ベッドサイドに、物語を

大雪の日

 雪が降っている。

 バス停に並ぶ男1。手には傘。

 そこに、花を抱えた男2がやってくる。

 時刻表を眺め、腕時計を見て、男1の後ろに並ぶ。

 

男1 降りますねえ。

男2 ・・・。

男1 ねえ。

男2 ・・・え?

男1 雪。

男2 ああ、ええ。

男1 ・・・。

男2 ・・・。

男1 

男2 え。

男1 

男2 ああ・・・そうみたいですね。

男1 ・・・。

男2 ・・・。

男1 私、雪好きだったんですよ。

男2 ・・・はあ。

男1 生まれが雪が降らない地域だったもので、大人になるまでは絵や本でしか知らなかったんです。白くて、冷たくて、柔らかい、もの。という概念のみが私の知るすべてで。

男2 ・・・。

男1 初めて雪を見たときの事は、今でも忘れません。今まで想像の範囲でしか知りえなかったものが、今、私の目の前に確かに存在している。その事に無性の喜びを感じたものです。ああ、本当に白い。うわ、冷たい。おお、柔らかい、いやでもちょっと硬いな、なんて。

男2 ・・・。

男1 しかし、時の流れは残酷なものです。こちらに越してきてからは、何度も雪を見るようになって、今ではもう見慣れてしまいました。今では雪を見てもなんとも思いません。むしろ、雪を見ると憂鬱な気分になります。

男2 ・・・。

男1 雪のクソ野郎。ずんずんと積もりやがって。

男2 ・・・あの。

男1 白くて冷たいだけの能無しめ。さっさと降りやめ、この野郎。

男2 あの。

男1 はい。

男2 ・・・どのくらい、待たれてるんですか。

男1 定かではありませんが、かれこれ1時間ほど。

男2 え。

男1 もう来るだろう、あと少しだけ待ってみようと待ち続けた結果が、この様です。

男2 ああ・・・。

男2    独りきりで。淋しかった。

男1    そうですか・・・。

男1 大切な取引先との商談に向かうはずでしたが、もう間に合わないでしょう。

男2 ・・・。

男1 あなたは。

男2 え?

男1 どちらに。

男2 ・・・彼女に会いに。誕生日でして。

男1 それは、大切ですね。

男2 はい。・・・歩きます。

男1 そうですか。

男2 ・・・まだ待たれるんですか?

男1 歩いたところで、どうせ間に合いませんし。

男2 ・・・では。

男1 ええ。お気をつけて。

 

 男2、歩いていく。

 男1、その場に残る。

 

男1 ・・・・・・あ。